プリンターのインク関連情報

HOMEプリンターインクの選び方とは

最終更新日:2017/12/21

プリンターインクの選び方とは

黒色のプリンター

プリンターを購入する時は用途に合わせて種類を選びますが、プリンターのインクも選び方が大切なポイントです。プリンターを使用する場合、文書やグラフなどが中心のケースや写真のプリントをメインに使用するなどがあり、それぞれ適しているインクのタイプがあります。
■使用用途に合わせたインクの選び方
プリンターのインクの選び方は、使用用途に合わせて決めるのがベストなため、インクの特徴を把握することが大切です。
【顔料インクの特徴】発色が鮮明で耐水や耐熱、耐光などに優れていて乾燥が早いので、用紙の丸まりを防げるなどのメリットがあります。また、マット系の用紙などにも使用できるなど、使用できる用紙の種類が多いという特徴もあります。デメリットとしては、インク数が少ないと画像が粗い点や染料インクよりコストが高めという点があります。ただ、色数を増やせば画像の粗さをカバーできます。顔料インクの特徴を考えると、書類や文書作成などが中心の時に向いているインクです。
【染料インクの特徴】グラデーションがきれいな点や発色があり光沢感を出すのに優れ、写真印刷速度が早いなどのメリットがあります。更に、顔料インクよりコストが低いので、プリンターのインクの選び方をコスト重視にする時にも向いています。デメリットは、乾燥に時間がかかる点や水に弱いため水に濡れるとにじむなど、耐久面に弱さがあり普通紙に印刷すると丸まりやすい特徴があります。しかし、光沢紙へのプリントに向いているので、写真を中心に印刷する時には最適なインクです。
■インクカートリッジの種類
プリンターのインクの選び方で、インクカートリッジの種類で選ぶという方法もあります。プリンターのインクには、純正インクやリサイクルインク、互換インク、詰め替えインクなどがありそれぞれ価格や特徴に違いがあります。純正インクは、メーカー純正のため安心して使いたい方に向いていますが、コストがかかるという面があり、リサイクルインクは純正インクのカートリッジを回収して再度充填したインクで、少しコストは低くなります。互換インクは、純正インクの半分位の価格で購入できるのでコストを抑えたい時に最適ですが、万が一故障した時保証を受けられない可能性があります。
ただ、互換インクの性能はかなり高いタイプも販売されているので、安心して選びやすくなっています。詰め替えインクは、空のカートリッジに自分でインクを補充するタイプで、手間がかかるもののコストを抑えたい時に向いています。しかし、互換インクなど純正インク以外のカートリッジに対応していないケースが主流です。プリンターのインクは、特徴や使用用途、価格など全体的なバランスを考慮して選ぶのがおすすめです。

一覧はこちら

プリンターのインクランキング

TOP