プリンターのインク関連情報

HOMEプリンターのインク交換をお考えの方へ

最終更新日:2017/12/21

プリンターのインク交換をお考えの方へ

男性とプリンター

プリンターのインクの交換をお考えの場合、気になる部分が色々あるかと思います。例えば、コストを抑えたインク選びや使用用途に合わせたインクを選びたいなど、どんなタイプにするか悩む場合もあります。プリンターのインクを交換する時、使用用途に合わせた選び方をするなら、インクの種類で選ぶのがおすすめです。
■インクの種類と特徴
インクには顔料インクと染料インクがあり、それぞれ特性を持っていて価格は顔料インクの方が高めです。
【顔料インクのメリット】顔料インクは、線や色をクッキリ表現しやすく乾燥が早いという特徴があるので、グラフや文書などの用途に向いていて、光や水に強くにじみにくいなどの特性もあります。
【顔料インクのデメリット】染料インクよりコストがかかる点や、色の繊細な表現に少し不利という点があります。ただ、色を増やすことで色彩面をカバーすることが可能です。
【染料インクのメリット】染料インクは顔料インクよりコストが低く、光沢紙との相性が抜群のため写真プリントに向いています。また、発色がよく色彩の表現に優れているという特徴もあります。
【染料インクのデメリット】水や光に弱いので保存をする目的には向いていない点や、にじみやすい、乾燥に時間がかかるなどがあります。しかし、メリットが多いので使用用途に合わせた使い方をすれば、魅力的なインクのタイプです。
プリンターのインクの交換をお考えの際、染料インクと顔料インクどちらが使用用途に向いているかで選ぶと、コストやプリントの仕上がり感など理想的な形で使用できます。
■純正インクと互換インクは?
プリンターインクのコストを抑えたい場合、純正インクより価格が低い互換インクを検討するケースもあるかと思います。純正インクと互換インクの価格差を見ると、純正インクが6,000円だとしたら互換インクはその半分程度の価格が相場です。ただ、万が一故障した場合は保証を受けられない可能性もあります。互換インクは安いけど大丈夫?と心配する方もいると思いますが、最近は高品質な互換インクも販売されているので安心して使用できます。
その為、互換インクはプリンターのインクコストを抑える大きなカギになるので、純正インクにこだわらず予算に合わせた選び方が理想的です。また、プリンターの種類によって使用できるインクも限定されるので、プリンターを購入する際はインク交換も見据えて選ぶことがポイントです。

一覧はこちら

プリンターのインクランキング

TOP